銀行融資の種類④ 商業手形割引

商業手形割引とは

商業手形割引とは、売上の対価として取引先から受け取った手形を、手数料を支払って銀行に売却することで資金を調達する形式をいい、主として経常運転資金の調達に用いられます。

手形決済が比較的盛んな製造業や建設業、卸売業等での利用が多い融資形式です。

なお、この場合の銀行を割引人、取引先を振出人、割引を依頼した会社を割引依頼人、割り引かれた手形を割引手形とよびます。

 

商業手形割引については、割引手形が割引人によって期日に無事取立てられれば、そこで取引は完了となりますが、もし割引手形が不渡りになった場合には、割引依頼人がその手形を買い戻す旨が銀行取引約定書に定められています。

したがって、商業手形割引には、実質的には、手形を担保として融資を受けたのと同様の経済効果があります。

 

商業手形割引は、銀行にとっては、手形が不渡りにならない限りは融資金の早期回収が可能であることから、比較的取り組みやすい融資形式といえます。

このことから、過去に取引のない銀行で融資実績を作るには、まずは商業手形割引を依頼することも有効です。

 

商業手形割引の審査

なお、商業手形割引の融資審査においては、その手形が不渡りとならず期日において無事取り立てることができるか、もし不渡りとなった場合に割引依頼人がその手形を買い戻すことができるかが調査されます。

したがって、振出人と割引依頼人の両者の業績や財務内容、信用力に問題がないかにより商業手形割引の審査は決します。

信用力の低い会社については、割引に応じてもらえない場合がある一方で、信用力の高い会社については、銀行が商業手形割引の極度額を設定し、その金額の範囲内で、いつでも割引に応じてくれるようになる場合もあります。