稟議書とは

銀行は、融資の申し込みがあると、面談担当者が会社についての種々の情報を書類にまとめ、これを審査係、副支店長や支店長、場合によっては本部部長や頭取で回覧し、融資の可否を決裁します。

この書類を「稟議書」といいます。

 

稟議書は、

  • 会社の概要(設立年月日・業種・取扱商品・強み・弱み等)
  • 直近3期の決算内容及び最新の試算表内容
  • 融資希望条件(融資金額・融資形式・返済期間・返済方法等)
  • 資金使途
  • 金利(固定か変動か・会社の格付に基づく基準金利との比較等)
  • 返済能力(税引後当期純利益+減価償却費が年間返済額を超過しているか等)
  • 保全状況(担保価値・保全貸出残高等)
  • 他の銀行の支援状況
  • 担当者の自由意見(融資シェアの拡大など融資によりもたらされるメリット等)

等から構成されています。

 

担当者は、面談を通じて、支店のノルマ達成や自身の昇進のため、融資審査を通しやすい稟議書を作成しようとします

普段から、良好な関係を構築できている担当者であれば、なおさらです。

融資実行という点において、担当者と会社の利害関係は一致します

換言すれば、担当者は、会社の味方であるということです。

したがって、融資の面談において会社に求められるのは、担当者が融資審査を通しやすい稟議書を作成するために知りたい情報を提供することなのです。

 

ポイント

・融資審査は、担当者が作成する稟議書を回覧して行う。

・融資の面談において会社に求められるのは、担当者が融資審査を通しやすい稟議書を作成するために必要な情報を提供することである。