創業融資を複数の銀行に申し込んでもよいのか

創業融資は複数の銀行に同時に申し込んでも問題ない

創業融資の審査には、

  • 日本政策金融公庫の場合で3〜4週間程度
  • 制度融資の場合で1月〜1月半程度

の時間を要します。

多くの起業家にとって、創業融資は、不可欠の資金です。

このため、一般的に、ある銀行で創業融資が否決されると、他の銀行に再び創業融資の申し込みをすることとなります。

しかしながら、この方法では、もし、当該他の銀行から創業融資を受けられることとなったとしても、資金調達までの期間は、当初の創業融資申込みから2月〜3月程度かかってしまうこととなります。

このため、あらかじめ、否決となる場合を見越し、リスクヘッジのために複数の銀行に創業融資を受けたいと考えることは自然であるといえますし、この申し込みも特に禁止された行為ではありません

創業融資を複数の銀行に申し込む場合、申込先は日本政策金融公庫と民間銀行になる

しかしながら、複数の民間銀行に創業融資の申し込みをしても、あまり意味はありません

民間銀行にとって、創業融資は、新規顧客獲得につながる積極的に取り組みたい融資である反面、貸倒れリスクの大きい融資でもあります。

このことから、民間銀行に創業融資の申し込みをすると、信用保証協会付融資(制度融資または通常の信用保証協会付融資)の利用を勧められることが一般的です。

通常、信用保証協会の保証を受けられることとなれば、民間銀行の創業融資は可決となり、信用保証協会の保証が受けられなければ、民間銀行の創業融資は否決となります。

なお、どの民間銀行に創業融資を申し込んでも、保証審査を行うのは、同じ信用保証協会ですので、保証審査の結果は変わりません

こうした事情から、ある銀行で創業融資が否決される(≒信用保証協会の保証が受けられない)こととなれば、他の銀行でも創業融資は否決されるのが通常です。

つまり、否決リスクのヘッジのために複数の民間銀行に創業融資の申し込みをしても、あまり意味はない(協調融資を除く)のです。

以上から、創業融資を複数の銀行に申し込む場合には、申込先は、信用保証協会の保証審査のない日本政策金融公庫と民間銀行1行の計2行となります。

もし、日本政策金融公庫と民間銀行、両行で創業融資審査に通過したら

日本政策金融公庫と民間銀行に、同時に創業融資の申し込みをすると、どちらの創業融資審査も通過してしまう場合があります。

この場合には、会社は、次のいずれかを選択することとなります。

  1. どちらからも創業融資を受ける
  2. 事情を説明しどちらか一方を断る

創業時の事業資金は多ければ多いほど、会社の生存率は上がります。

また、どの銀行も、コストを投じて創業融資審査を行ってくれています。

このため、原則として、1を選択するべきです。

ただし、やむを得ず2を選択する場合については、それぞれのメリットの異同に鑑み、日本政策金融公庫または民間銀行のどちらで創業融資を受けるかを決めましょう。

日本政策金融公庫の創業融資のメリット

・無担保・無保証の創業融資である

・信用保証協会の枠を残すことができる

民間銀行の創業融資のメリット

・金利や信用保証料を地方自治体に補助してもらえる(制度融資の場合)

・その銀行との間で借入・返済の実績ができ、信用が高まる