創業融資と資本金

創業融資に影響があるのは、資本金ではなく自己資金の額

厳密にいえば、資本金の金額は創業融資審査に関係がありません

融資審査において重要なのは、自己資金の金額です。

 

自己資金とは、

 

「事業のために使う資金のうち、返済の必要のないもの」

 

をいいます。

 

つまり、設立直後の法人は、資本金=現預金であるため、資本金≒自己資金となります。

 

その意味では、資本金が少ない(≒自己資金が少ない)ほど、融資は受けづらく、資本金が多い(≒自己資金が多い)ほど、融資を受けやすいといえます