創業融資と公庫団信・保証協会団信

公庫団信・保証協会団信とは

日本政策金融公庫から創業融資を受ける、または制度融資により創業融資を受ける場合には、それぞれ公庫団信または保証協会団信に加入することができます。

 

代表者保証を付けて受けた融資につき、会社が返済不能に陥ると、代表者が会社に代わって返済を行わなければなりません。

また、この場合において、代表者に不測の事態が生ずれば、相続放棄をしない限り、相続人となる家族が、代表者の残した財産で返済を行わなければなりません。

 

公庫団信または保証協会団信は、こうした代表者の家族の負担を軽減するため、代表者が、借入金の完済までに死亡や所定の高度障害等の不測の事態に陥った場合に、それぞれ公庫団信サービス協会または全国信用保証協会連合会が、生命保険会社から受け取る保険金をもとに、返済を行ってくれる(=肩代わりしてくれる)制度です。

 

公庫団信・保証協会団信の加入非加入は創業融資審査に影響しない

なお、これら団信の加入は、いずれも任意となっており、創業融資の審査に影響を及ぼすことはありません

また、無担保・無保証が原則となっている日本政策金融公庫の「新創業融資制度」または「中小企業経営力強化資金」を利用する場合については、そもそも代表者保証が必要ないため、団信加入のメリットは乏しいといえます。

 

しかしながら、新創業融資制度なしで「新規開業資金」等を利用する場合や、制度融資を利用する場合等には、代表者保証が必要となるため、公庫団信や保証協会団信は、非常に有益な制度となります。

創業融資を受ける方は、「公庫団信とは」または「保証協会団信とは」をご参照の上、万が一のリスクに備えて加入をご検討されてはいかがでしょうか。