利息は保険料と捉える

融資は受けられる時に受けられるだけ受ける

 

銀行と取引を続けていると、融資の提案を受けることがあります

この時、資金需要のない会社は、「どうせ使わない資金を借りるために利息を支払うのはもったいない」と、断ってしまうことが少なくありません。

 

しかしながら、大企業と比べて財務体質の脆弱な中小企業にとって、急激な財政状態の変動と、これに伴う喫緊の資金需要の発生は付き物です。

 

事業拡大に伴う経常運転資金の増加や、設備資金の増加等を除き、資金需要が生じた時点では財務内容が悪化していることが通常であり、それゆえ融資の提案を受けた時点よりも信用格付が悪化していることが通常です。

つまり、いざ資金需要が生じてから融資を申し込んでも、否決されてしまう可能性が高いのです。

このため、融資は受けられる時に受けられるだけ受けておくことが重要なのです。

 

また、銀行からの融資の提案は、プロパー融資獲得のきっかけともなります

詳細は、「銀行から融資や定期預金作成を頼まれたら」をご参照ください。

 

利息は保険料と捉える

 

会社が潰れるのは、会社の資金が枯渇した時です。

資金の乏しい状態で、経営成績が悪化すれば、たちどころに資金は枯渇し、会社は潰れてしまいます。

一方で、融資を受けて資金が潤沢にある状態であれば、経営成績が悪化しても、その資金を元手に経営改善に取り組むことができます。

つまり、利息は、使いたい時に使える資金があるという状態を作るための保険料なのです。

 

さらに、融資を受け、返済を行なった実績のある会社は、次回の融資を受けやすくなります。

その意味で、利息は、受けたい時に融資を受けられる状態を作るための保険料ともなるのです。

 

また、利息は会社の損金となります。

「節税」のために、不要な費用を支出するのであれば、利息を支払い、融資を受けることを検討すべきです。

 

ポイント

利息は、いざという時に使える資金があるという状態や、受けたい時に融資を受けられる状態を作るための保険料と捉える。