信用調査会社から電話がかかってきたら

創業後、取引が増えてくると、突然、帝国データバンクや東京商工リサーチといった信用調査会社から電話がかかってくることがあります。

 

信用調査会社は、依頼を受けて会社の調査を行い、独自の基準で評点し、結果を依頼主の会社に提示することで報酬を得る会社です。

なお、一度調査を行った会社の評点については、当初の依頼主以外でも料金を支払えば閲覧することができます。

したがって、信用調査会社から電話がかかってきたということは、どこかの会社が貴社の調査を依頼したということになります。

 

誰しも、いきなり掛かってきた電話で、それも依頼主のわからない調査で、自社の情報を開示するには抵抗があるものです。

このため、しばしば、「忙しいから」と情報開示を断ってしまう方がいらっしゃいます。

実は、これはとてももったいないことです

 

かつて、銀行では、融資先を探す際、独自に近隣の会社の調査を行っていました。

しかしながら、多忙な銀行員にとって、こうした調査を行うことは容易ではありません。

そこで、現在では、銀行は、民間の信用調査会社の評点を参考に融資先を探しているのです。

したがって、信用調査会社に良い評点をしてもらうことが、銀行から営業に来てもらうための近道なのです。

概ね、評点が50〜55点を超える会社は、営業先として良好な会社と判断されます。

 

さて、その評点についてですが、東京商工リサーチの基準を例にとると、公開性といった項目があります。

会計データに関する評点については如何ともしがたいですが、積極的に情報開示に協力することで、公開性の項目については加点が狙えます

また、会計データに関する評点以外については人間が行いますので、評点者にとって好印象の会社とそうでない会社とでは、前者の方が良い評点となる場合が多いです。

一方で、協力を拒否した場合には、信用調査会社はある程度想定で評点を行うことになります(勝手付けといいます)が、大抵の場合、本来より厳しい評点が行われることとなります。

 

信用調査会社から電話がかかってきた場合には、無碍に扱うことなく、少しでも良い評点を受けられるよう、積極的に情報開示を行うことをおすすめします。

 

ポイント

信用調査会社から情報開示の依頼があった場合には、融資戦略として積極的に協力する。