低金利で銀行融資を受けるには

利息は保険料と捉えるべきもの

大企業と比べて財務体質の脆弱な中小企業にとって、銀行融資は不可欠なものです。

このため、利息は、いざという時に使える資金がある状態を作るための保険料として捉え、進んで支払うべきものです。

ただし、事業資金の維持という観点からは、より低金利で銀行融資を受けるという工夫も必要です。

銀行融資の金利の決まり方

銀行融資の金利については、

  1. 既に固定の金利が設定されている場合
  2. 銀行が任意に金利を決定する場合

とが存在します。

具体的には、1については制度融資等が、2についてはプロパー融資制度融資以外の通常の信用保証協会付融資等が、それぞれ該当します。

1については、残念ながら、金利交渉の余地はありませんが、2については、交渉次第で金利を下げることが可能です。

銀行はどのようにして金利を決めるのか

銀行は、1の場合について、融資金が回収不能となるリスクの大小等に応じて、金利の高低を決定します。

具体的には、銀行は、

  1. 貸倒れの可能性
  2. 返済期間
  3. 担保
  4. 融資金額

に鑑み、融資の金利を決定します。

a. 貸倒れの可能性

銀行は、融資先が倒産すると、融資金を回収できなくなってしまいます(=貸倒れ)。

このため、貸倒れの可能性の高い会社ほど、金利は高くなり、貸倒れの可能性の低い会社ほど、金利は低くなります

b. 返済期間

銀行は、返済期間が長ければ長いほど、その間に融資先が経営悪化し、融資残高を回収できなくなる可能性が高くなると考えます。

このため、返済期間の長い融資ほど、金利は高くなり、返済期間の短い融資ほど、金利は低くなります

c. 担保

銀行は、融資先が返済困難に陥った場合でも、その融資につき担保を徴していれば、その担保を売却し、その売却代金から融資金を回収することができます。

このため、担保の価額が低いほど、金利は高くなり、担保の価額が高いほど、金利は低くなります

d. 融資金額

銀行にとって、少額の融資であれ、高額の融資であれ、その審査に費やすコストはそう変わりません。

つまり、このコストは、少額の融資であるほど相対的に高くなるといえます。

このため、融資金額が少額であるほど、金利は高くなり、融資金額が高額であるほど、金利は低くなります

融資金利を下げるには

銀行融資の金利を下げるためには、以上を踏まえ、

  1. 貸倒れの可能性をより低くする
  2. 返済期間をより短くする
  3. より価額の高い担保を提供する
  4. より融資金額を高くする

ことを念頭に、交渉を行ないましょう。

上記のうち、最も取り組みやすいのは、Bではないでしょうか。

融資を受けるにあたり、とりあえず

「なるべく長期で」

と考える方は少なくありません。

たしかに、設備の購入費用や広告宣伝費など、投下した資金の回収に相当の期間を要する資金使途については、この考え方が妥当します。

しかしながら、たとえば、投下した資金が比較的短期で回収できる経常運転資金については、

「あえて短期で」

という考え方も選択肢として念頭に置いておくべきです。

むしろ、経常運転資金については、長期(≒証書貸付)で融資を受けると、月々の元本返済に伴い、いずれ事業資金が不足することとなってしまいます。

経常運転資金は、短期継続融資による調達を目指すべきです。

他の資金需要についても、まず、本当に長期で融資を受けるべき資金需要であるかを吟味し、その必要がないと判断した場合には、「あえて短期で」融資を受けたい旨を銀行に伝えることで、より低金利を引き出すことができるでしょう。

ポイント

・プロパー融資、制度融資以外の通常の信用保証協会付融資等については、金利交渉の余地がある。

・上記の銀行融資の金利は、貸倒れの可能性、返済期間、担保、融資金額によって決定する。