事業年度を変更する

銀行に融資の申し込みをするのは、資金が足りなくなった会社です。

一方で、銀行が融資をしたがるのは、資金を潤沢に保有する会社です。

 

銀行が行う融資の原資は、預金です。

借入金が会社において負債となるのと同様に、預金は銀行において負債となります。

それゆえ、会社が借入金を回収可能性を考慮して投下するのと同様に、銀行が預金を回収可能性を考慮して融資する(=安全性の原則)のは当然のことです。

会社側は、こうした銀行の思考を非難するのではなく、利用する術を模索すべきです。

 

会社には、それぞれ、売掛金の回収サイト及び買掛金の支払サイトや、業種等により、現預金が多くなるタイミングがあるものです。

銀行は、会社から提出された決算書に基づき融資審査を行いますので、事業年度の変更により、このタイミングを決算期とし、資金の潤沢な状態の決算書を作成することで、融資審査が有利に進むことが期待できます

 

ポイント

事業年度変更により、「資金を潤沢に保有する会社に融資を行いたい」という銀行の思考を利用する。